子ども サッカー ユニフォーム

一方、欧米諸国、オセアニア諸国では、白は人気がなく、濃いオレンジ、濃い青紫、灰色など、暗く濃い色を好む傾向が見られました。世代ごとにサプライヤーを持ち回りとするモデルもこれが最後となり、以降adidasの独占契約となる為、asicsのフル代表モデルとしては最後のものとなる。一つデメリットがあるとしたら、試合後のユニフォームの汚れが多い時は漏れてしまう事かな。

マルセイユ ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。

子ども サッカー ユニフォーム
トップへ戻る